2008年11月03日

なぜなんだ??

何回やっても卒論の進捗状況のチェックシートがアップできないもうやだ〜(悲しい顔)
せっかく作ったのにバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)あせあせ(飛び散る汗)





…とりあえず、VISTAの所為にしておこう。


posted by とらのすけ at 18:59| 大阪 ☔| Comment(27) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

発表

が終わってほっと一息もつかの間。

えらい宿題が課されてしまったふらふら
とりあえず晴れの日を狙って敢行したいと思います。

ホントにやるのかー(長音記号1)たらーっ(汗)




続きを読む
posted by とらのすけ at 01:45| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

発見

自分のブログ…Σ(´D`lll)



他の4回生のみんなはちゃんと更新してるのね、当たり前ですよね…

これからはちゃんと更新していこうと思います!!


先日、もっちー先生と面談をしてきた結果…

続きを読む
posted by とらのすけ at 23:38| 大阪 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

12月1日

つい最近になって、メーリスが回ってこないことに気づきました(´・ω・`)
たぶんパソコンからのメールを受信できないように設定したからかな?
でもドメイン指定してるんだが…ナゾ。


続きを読む
posted by とらのすけ at 01:50| 大阪 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

30日のppt

30日の発表お疲れ様でしたー(長音記号2)
また、最後まで参加できなくてごめんなさいバッド(下向き矢印)
今度はちゃんと予定調整しますたらーっ(汗)

さて、また今回も資料アップしておきます清掃活動の促進.ppt

感想
清掃活動において何を重要視した実験なのかが、わからなかったです。
清掃活動そのものに対する姿勢か、それとも清掃の効率の向上か?
実践1のチェックリストからは、清掃の効率である事が示唆されていますが、目的部分で触れている内容をよむ限りでは、何故、効率を上げることがよいとさるのかが不明瞭で、小学生の清掃活動を促進する理由になるのか?といった疑問がのこりました。
−おわり−


長期の休みに入りますが、ミンナ、病気や怪我、夏バテなんてしませんように気をつけてくださいね−
ほいじゃ、夏休み楽しんでください
posted by とらのすけ at 16:57| 大阪 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

6月15日

仲間モニタリングと集団随伴性を組み合わせた介入による社会的スキルと仲間同士の相互交渉の促進のパワポをアップしておきます。
仲間モニタリング.ppt

感想
小学校での宿題提出行動の促進について…
先生から指摘があったように、責められる、嫌な思いをした子がいるという点に注目しなければならないと思います。集団随伴性の私のイメージは体育祭や学園祭の行事でクラス全体がまとまって一致団結するといったような具合かなと感じていたので、集団という条件がプラスになるような実験であればよかったなぁと勝手に思っています。

次に、仲間モニタリング〜についてです…
自分で論文を読んでいて感じたことですが、正直難しかったです。
実験結果から、モニタリングにおいてある標的行動について随時評価を行わなければならないとなると、A児は他児から目を離すことがなくなり、ゲームに集中して取り組めなくなるのでは?と思いました。そして、この実験の場面では異年齢児の集団であるため、少なからず自分の立場の方が上であると考えるのではないか。ゆえに、同年齢児の場合でもA児に自発的な支援が見られるのだろうか。という疑問が残りました。

あと、個人的に…
自分が理解しにくいと感じた論文をみんなに理解してもらう事はすごく難しくて、どうしようかと思いました…
もっとわかりやすく発表できたらよかったのになと思います。
posted by とらのすけ at 20:43| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

和訳



介入

2つの介入が施行された。(a)段階的なエクスポージャー(b)段階的なエクスポージャーに強化
 段階的なエクスポージャー。マイクはそれぞれの数学的調査のすぐ前に15−20分段階的なエクスポージャーの訓練に従事した。これらのエクササイズは行動に関するアプローチ、コオロギのかごを持つことから20秒コオロギを掌に乗せることまでをそろえた課題のヒエラルキーを含んでいる。マイクはそれぞれのセッションにおいて始めに行う課題を選び、マイクが次のステップに進む事を拒否するまで続けた。マイクは初めてのセッションで援助つきで6のステップまで完成させ、単独でエクスポージャーアローンフェイズの最終セッションまでに9つのステップを完成させた。この後は要求される時間が増していく(コオロギを40〜60秒握る)
 段階的なエクスポージャーと強化
このフェイズはマイクが正確な桁でポイントを稼ぐこと以外は段階的エクスポージャーと同じである。これらのポイントはそれぞれの週にブロックバスターのギフト券、ビデオ、キャンディ、レゴを含む強化メニューのアイテムと交換することができる。

実験デザイン

マルチエレメントデザインは三つのアセスメントの状況の影響の数値を求めることに使われた。A-B-BC-A-BCデザインは実験の状況の影響を比較するために用いられた。マイクの最初のパフォーマンスは最初のベースラインのフェイズとして表れている。


感想
うまく訳せてないので意味がとりにくい箇所が多くあると思います。
論文の内容に関して言うと、マイクはコオロギのほかにテントウムシに恐怖心を抱いていますが、ここではコオロギにしか触れていないので虫全般の恐怖を克服できたとは言えないのではないかと思います。
posted by とらのすけ at 21:27| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

構造化抄録T  制御可能性と制御欲求が対処方略採用とストレス反応に及ぼす影響(改訂版)

目的:制御可能性の変化する状況における対処の固執性に及ぼす制御欲求の影響を明らかにするため、高制御欲求者の対処法略の対処法略の採用を状況ごとに査定し、制御可能性の異なる状況間で実際に問題焦点対処を採用し続けているのかを検討する。そして、問題焦点型対処への固執を行動的反応として査定するために、問題解決時間を延長するために能動的反応を必要とする課題設定にすることによって、問題解決に向けて努力し続けている状態のみを抽出して検討する。また、対処の固執傾向とストレス反応の関連を明らかにするために、制御欲求の違いがストレス反応に及ぼす影響を検討する。

計画:認知的方略について、2(制御欲求)×4(セッション)×4(対処方略の種類)の3要因分散分析、主観的ストレス反応、生理指標、課題の正答率およびボタン押し回数について、2(制御欲求)×4(セッション)の2要因分散分析を行った。

場面:椅子とその1m前方にCRTディスプレイを設置した実験室

被験者:国立大学で心理学系の講義を受講する大学生493名。うち、男性は212名、女性は281名、平均年齢は19.0歳。

独立変数の操作:4桁の数字を四則演算子を用いて10にするという暗算課題を課し、解決可能問題と解決不可能問題から構成された。解決可能問題の割合により、制御可能性を操作した。セッションの反復に伴い、解決可能問題の割合を減少させることで制御可能性を低下させた。

行動の指標:制御欲求、認知対処方略、主観的ストレス反応、生理的反応、行動的反応

結果:認知的対処法略の評定値から、高制御欲求者は接近的問題焦点型対処に固執しやすいことがわかった。主観的ストレス反応から制御可能性の低い状況になると、高制御欲求者は低制御欲求者よりも抑うつ反応が高まることがわかった。生理指標から高制御欲求者は収縮期血圧が高い水準で持続するが、低制御欲求者は持続しない。また、制御可能性が低下すると皮膚コンダクタンス水準が高まるということが示唆された。行動指標から、高制御欲求者の方でボタン押し回数が多く、より問題に固執しやすいということがわかった。

結論:対処方略は高制御特急者の方が接近的問題焦点型対処をより多く採用し、行動的にも固執を多く示す。低制御欲求者は、状況の制御に固執しないため、状況の制御可能性に応じて対処方略を柔軟に選択するという仮説は支持されなかった。高制御欲求者は低制御欲求者よりも制御不可能状況下で抑うつ反応を高めるという従来の知見を支持するものであった。高制御欲求者は、制御可能性が低い状況では、見かけ上は制御可能性が高い状況と同様に、問題解決を目指したeffortを高める認知や行動を示すが、実際は、回避的な態度も強まっており、強い葛藤状態にあることが示唆される。


感想:時間内にまとめるために焦って仕上げたので至らない点でいっぱいだと思います…
もっとわかりやすく簡潔にまとめることができるようになりたいと思いました。
posted by とらのすけ at 16:12| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。